失敗事例から不動産投資法を学ぶ│アパート経営で大切なことは

男女

物件をシェアする

夫婦

不動産投資にはアパートやマンションを購入して行なう以外にも様々な方法があって、みんなで大家さんと呼ばれる投資方法もあります。このみんなで大家さんとはどのような投資方法なのかといいますと、複数の人で行なう不動産シェアリングというものです。高額の物件を1人のオーナーが購入するのではなく、多くの出資者が資金を出し合って購入するという方法です。みんなで大家さんは、出資した人全員が大家さんとなって利回りの資金を獲得することができるという投資方法でしょう。シェアリングすることによって、多額な資金を用意しなくても少ない資金からでも始めることができるというメリットがあります。大家さんになるということは全員で購入した物件の運営をしないといけないということではなく、この投資方法を行なっている不動産会社が代わりに運営するのです。ですから、出資した人はその後は何もせずに利回りを獲得することができるでしょう。利回りは6%といわれていて、2ヶ月に1度6%分の利回りを出資者は獲得できて、この運用期間は3年間できます。利回りが少なく期間が短いと思う人も多いですが、常に利回りが安定しているというメリットがあるのです。個人で行なう不動産投資の場合は、利回りが安定することは少なく場合によっては6%以下ということもありえます。その分みんなで大家さんならば、個人で運営することなく安定した利回りが約束されているのです。また、みんなで大家さんは3年の運営期間が終わる際に最初に出資した分の費用が戻ってきます。この投資方法は短い期間ですが、損することはほとんどないないということで注目されているでしょう。